骨盤矯正のおかげで痩せた!私のダイエット成功談

色々なダイエットを試してきて成功した話をお届けします!

少年野球の手伝いとバッティングセンターで打つ

私の子供が小学3年生から中学3年生まで少年野球をやっていました。

ドクタースティックを徹底検証!

その頃私も父親コーチとして少年野球を手伝っていました。その頃は子供達を相手に投げて打っていました。バッティングピッチャーをやる時は私のボールは早くないので、たまにわざと子供のお尻にボールを当てて子供達たも笑ってくれ、子供達の笑顔を見る事もストレス解消でした。

ノックの時は内野ノックに外野ノックを打っていました。内野ノックは緩いゴロを打っていましたが、たまに、早いボールやバウンドの高いノックを打って子供達のエラーや反応を見たり、外野ノックはおもいっきりバットを振ってボールを遠くに飛ばしバットをおもいっきり振り、子供達に大声で叫ぶ事がストレス解消でした。

その頃は子供達相手に投げて打って大声で叫ぶ事がストレス解消でした。子供が野球をやめてからは、私も野球をする事もなくなりました。自宅の近くに歩いて10分程度の所にバッティングセンターがあります。自分の運転不足解消も含めてバッティングセンターで90キロから100キロ程度のスピードのボールをひたすら打つ事がストレス解消になります。1回40から50球振りますが、1球でもいい打球があがるだけでストレス解消になります。

バッティングセンターで運動不足解消含めてバッティングセンターで打つ事が私のストレス解消です。

コメントは受け付けていません。