骨盤矯正のおかげで痩せた!私のダイエット成功談

色々なダイエットを試してきて成功した話をお届けします!

肌を劣化させる身近で意外な物とは

 朝晩毎日洗顔フォームで汚れや皮脂を洗い流し、化粧水~オールインワン基礎化粧品で整えていれば、肌を好き親かに綺麗に保てると思われており、高級ブランドの化粧品・細分化コラーゲン・ヒアルロン酸等を補給するのが、今時のトレンドですが、一見丁寧にスキンケアをしているのですが、それは人が考え出した科学的なスキンケアのため、本来の人間が持つ自然のスキンケアとは若干異なります。数年前からハトムギ化粧品や米ぬかや米のとぎ汁で顔をケアすると良いと昔の人は言っていましたが、あながち間違えでは無いのです。

完全レポート!ヒメルファンデーションの口コミや解約方法などすべてをお伝え!

 肌には表皮・真皮・皮下細胞と層をなしていますが、化粧水は真皮まで、細分化コラーゲンやヒアルロン酸は真皮まで届き、各種人工的なスキンケア商品は真皮に潤いを保ってハリを持たせて一見すると小じわが減って、蓄えられた水分で肌にハリが出て、つるっとピンとした見た目がたもてます。

 しかしながら、コラーゲンやヒアルロン酸が表皮に浸透して真皮に届くというのは自然な肌の状態では出来ない事なのです。肌は自然に分泌される皮脂や表皮が有害物質が肌にしみこまない様にバリアの機能をはたしたいるのですが、コラーゲンやヒアルロン酸を真皮に届かせるためには、表皮のバリア機能と皮脂をくくりぬけさせるために、添加物によってバリア機能を一旦壊して、有効成分を真皮に届けやすくします。そして真皮に届いた潤い成分で一時的に保湿効果を発揮して、肌にハリが生まれます。しかしながら後から無理やり浸透させた成分のため、これらの皮膚の働きを壊して浸透させる事は人工的に添加物によって作られる肌のハリを与えるプロセスで、本来の人の持つ肌を健康な状態に保つ事を放棄する事になります。一番耳にする成分としては海面活性剤で、この成分で肌の本来のバリア機能を弱らせて人工的な保湿成分が真皮へと届けられるのです。若い頃のスキンケアとしては手軽に出来る人工的なスキンケアですが、加齢とともに人の肌の本来の機能が弱くなってゆき、長期的にみると一生化粧品を手放せなくなり、肌の加齢を早く進めてしまう結果となるのです。

 真皮層にコラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンを届ける事は悪い事ではありませんが、皮脂と表皮のバリア機能を人工的に破壊して、むりやり真皮に有効物質をとどけるプロセスが問題です。そのため、現在のトレンドの浸透型のスキンケア商品を試す時には、成分表をしっかりと読み、配合成分について一旦ウェブや皮膚科の先生に相談してみるのが、歳をとってもボロボロにならないための、今出来る最善のスキンケアとなります。機能や効き目だけを信じるのではなく、いったい基礎化粧品各種が、どの様にして肌を若々しく保つのかと言うプロセスを是非ウェブサイト等で成分を調べてから、自分に合った最適で危険性の低いものを選ぶ様にするのが良いかと思います。

コメントは受け付けていません。